レタッチのやり方はイメージを決めることから

Pocket

おはようございます、こんにちは、はたまたこんばんは。

 

かいです。

 

前回の更新が2月23日ということで、ほぼ1週間ぶりの更新になります。。

 

まさかこんなに日が空いてしまうとは、、反省反省(´_ゝ`)

 

 

 

さて、本日は3月1日ということで、、、

 

卒業式のシーズンですね!!!

 

ご卒業された皆様、ご卒業おめでとうございます!🙌

 

大学・専門学校への進学、就職、はたまた夢のために個人で活動する方。

 

いろんな方がおられると思いますが、自分のやりたいこと・目標をもって日々を過ごしてほしいなと思うばかりです。

 

自分が高校卒業後はこれといった目標もなくひたすら時が流れてしまったのでね。。

 

ごくごく普通のアドバイスですが、私の実体験でもあり、ほんとに大切なことだと思います。

 

ぜひぜひ頭の片隅にでも入れておいてほしいですね🙏


<スポンサーリンク>


今日の1枚のコーナー

さて、いつもなら最後にこのコーナーを持ってくるのですが、今日はむしろここがメインに書きたかったのです。

 

今日Twitterにあげた写真のうちの2枚ほどを見てもらいたいのですが。。

はい、もちろんこれはレタッチ後の状態になります。

 

卒業式の日を意識したのですが、ツイートの写真とひと言でそこまで伝わりましたでしょうか??

 

卒業」というと、

卒業生にとっては別れであり、「寂しさ」というイメージ。

卒業をすでに体験した大人たちは、「懐かしさ」というイメージをするだろうなと思います。

 

ということで、梅の綺麗なピンクの色を薄めてしまうのは申し訳なかったのですが、かなり色味を薄くすることでこのような色に落ち着きました。。

 

 

そして、レタッチ前の写真はこちらになります。

全然ちげぇな!!!

と言いたい方もおられると思うのですが。。

 

ある程度明るくしたり彩度を落としたりはカメラ内の設定でできますが、

さすがに↑のレタッチ後の写真ほどは無理です。。(少なくとも自分は)

 

 

今日のレタッチは自分の中ではそこそこ満足のいく出来でしたので、我流ですがレタッチについて書かせてもらおうと思ったわけです。

 

 

今日の写真の場合、元のデータは少し暗めですよね。

ただ梅を撮っただけじゃん。

と言われても反論の余地はないくらい普通の写真だと自分でも思います。。

 

 

今回はレタッチにはPhotoShop Express(無料のケータイアプリ)を使用しています。

レタッチの大まかな設定を公開すると、

  1. 暗めに撮影したので、まずは露光量をあげることで全体を明るくします。
  2. コントラストを下げることで色のメリハリを少しなくして、全体をやさしい雰囲気にします。
  3. ハイライトやシャドウ、ホワイトブラックなどの設定に関しては最終的に仕上げたい雰囲気によって少しだけ上げ下げしますが、ここは自分の中では完全に好みで合わせています。
  4. 彩度は実は少しだけ上げています。
  5. もやの除去という項目で規定値より数値を下げます。これによりもやが発生するのですが、その際に彩度が一気に下がって色が抜けるので、そのためにで彩度を調整しました。

という感じになります。


<スポンサーリンク>


いかがでしたでしょうか?

 

個人的にはノスタルジックな雰囲気に仕上がったと思うのですが、、

 

こればっかりは見た人によって受ける印象は様々なので、ご感想なども良ければお聞きしたいですね🙏

 

 

なんとなくで各項目を変更してレタッチしていていると、予想外の色味になって面白いということもありますが、ある程度仕上げたいイメージを固めてからだと、作業がはかどると思います💪

 

 

それでは今日はこの辺で終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました🙌

ーかいー


<スポンサーリンク>


The following two tabs change content below.
写真撮るのと音楽聞くのが好きな大学生 日々撮り歩いてる写真をゆるーく載せていきます。

レタッチのやり方はイメージを決めることから” への1件のフィードバック

追加

コメントを残す

Proudly powered by WordPress | テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。