夢のフルサイズ機!CanonEOS6DMark2の性能は?

Pocket

おはようございます、こんにちは、はたまたこんばんは。

かいです。

東京で桜撮ってた話が終わって、ようやく普段の投稿に戻ります(´_ゝ`)

 

フルサイズ機が気になるのです。

さてさて、それでは早速本題に行こうではないか。。

まずはこちらをご覧いただきたい。

はいEOS 6D Mark2のパンフレットの表紙です。

先日電気屋さんへ行って貰ってまいりました٩( ”ω” )و

やっぱり一眼レフで写真を撮るのが趣味だと、フルサイズ機への憧れってあるじゃないですか。。

その憧れがどんどん増していましてですね。。

(とはいえすぐに購入できるほどの金銭的余裕はないのですが💦)

 

フルサイズ機への関心が高まった1つの理由とすれば、桜のシーズンでたくさんのお花見スポットで上位機種のカメラを見せつけられまくった(自分が勝手に見てた)からというのがありますね。。

現状で自分が使っている70Dはまだまだ現役で活躍できるカメラだと思いますし、とても愛着があり、不満があるとかそういったことは全くないのですが、、

 

やっぱフルサイズがカッコいい。

 

いや、なんかこれだけ書いたらとりあえずフルサイズ機使って自己満足したいだけみたいにもなりますけど、趣味なんだし自分が満足できればいいですよね。

「お前レベルが持つのかよ!」と思われる腕前かもしれませんが、どうせいつかは買うのなら早々に取り入れておきたいじゃないですか。

 

機材に見合った腕やセンスは後からついてくると期待しております(白目)


<スポンサーリンク>


6D Mark2ってどうなんでしょう

カメラの熟練度&知識と写真歴が比例していないので、カメラを少しずつ触るようになってから4~5年が経過しますがメーカーだとか性能に関しては無知な私でございます。。

 

Twitterで写真垢として活動していると、Canonでしたら5DMark3Mark4を使っている方々もかなり見られて、良いな良いなと思いつつ学生が手を出すにはなかなか金銭的に高い壁が。。

フルサイズ移行のためにはレンズも購入しなければいけないので、ボディだけで20万円台はちょっと厳しい。

 

その点でいうと6DMark2はボディのみで18年4月現在で価格16万ほどで手に入ると。。

これは安い!!!(安くはない)

 

無知の自分でもわかる6DMark2の確かな特徴といえば、フルサイズ機でありながら小型であり、世界最軽量のボディとして発表されたということ。

レンズを数本携帯しているとどうしても持ち運ぶ機材が重くなってしまうので、少しでも軽いに越したことはないですよね。

また、バリアングル液晶モニターを搭載していること。

これはEOSのフルサイズ機に初めて搭載ということですが、自分が同じくバリアングル液晶モニターを持つ70Dを使っているので、その点では個人的に使い慣れている機能があるのは嬉しいですね。

 

直接写真に関わる性能面でいうと、2620万画素ということでかなりの高画素。

さらに常用最高ISO感度40000ということで光の少ない暗所での撮影もこなせると。。

まぁこれは実際に撮ってみないと実感できないところなのでこれ以上は触れません(笑)

<スポンサーリンク>


まとめ

6DMark2はフルサイズ機の入門機といったところなのでしょうか?おそらくターゲットとする客層がもろ自分のようなユーザーなのではないかと思います。

70Dや70Dの後継機である80Dとボタンの配置もほとんど変わらないので、自分がフルサイズ機に移行するなら使い勝手は抜群なのではないかと思っております。

6DMark2の性能面にはもちろん満足しているのですが、やはり使い勝手というのは個人的に重視したい点です。今まで使い慣れたカメラと同じような感覚で使えるというのはストレスもなく、より新しいカメラでの撮影を楽しめると思います。

つまるところ趣味でやるなら楽しむことに重きを置きたいので(笑)


<スポンサーリンク>




さて、実際の購入はもう少し先になりますが、コツコツとお金もためていこう思います💪

(金がないなりに経済回していきましょう!)

では今日はこのあたりで終わろうと思います。

読んでくださってありがとうございました🙏

ーかいー

The following two tabs change content below.
写真撮るのと音楽聞くのが好きな大学生 日々撮り歩いてる写真をゆるーく載せていきます。

コメントを残す

Proudly powered by WordPress | テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。